忍者ブログ
日常のことを思いつくまま綴ってます。
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

怪奇回帰

お気づきである方はよほどのGRVマニアかと思うが

トップページから過去の回帰できるようにリンクを張ってみました。

画像やら、なんやら全く覚えていないものも(僕にとっては)
多数あって、『なにを今更』でありながら、

斬新な作品ばかりだなと、過去を振り返りつつ。

時間の流れは妙におかしなもので

今日の飲み会のけだるさには、早く時が過ぎればいいと思うが

自分の思うがままに時間を消費しようと思ったら『時間』は短いものだ。


意思もなく

無感情に

串カツをほおばるのと


意識して

感情的に

手羽先をきれいに食べる


どちらがムダなんだろうか。


串カツは美味しいよ。

手羽先は食べるのが面倒くさい。


しかし、

コツさえあれば

串カツは不味くもなるし

手羽先は食べやすくもなるのだ


ま、たとえ話はどうでもいいけれど。


不条理な理由で

僕はHPを作ったし

成功者として

名前を世の中の一部に知らしめたし

君の腹の中に命を宿せなかったけど

僕達の心の中には

愛情という

絆が宿り、永遠のものになったけど

合理的にHPを更新しなくなったり

退廃的に人生を生きるのかもしれないけど

ついつい餃子の王将の誘惑に負けたり

君の知らない間にビールより

芋焼酎を飲むようになったりするけど

1万円の価値を10分割して1日の使い方を満足してたけど

今は1万円が当たり前に財布から飛ぶようyになってしまっているけど

1万円はどこから出ているのか考えながらも

人間として福沢諭吉より夏目漱石が好きだったり

でも、価値は心より、対価であって




一度は。。。。



思ってみたい。。。。。



僕が死んだ跡

僕に見える世界はここにあるのか

見えるのなら


僕はいつでも

死ねる



命がなくなったら


なにも見えない、聞こえない、話せない、味わえない

だから、人間は死ぬのを怖がる


例えば僕が死んだら


僕に見える

僕のいなくなった世界

僕がいたはずの

世界













かなわないからとりあえずいきている


かなわなくてもとりあえずいきている


かなわないからくやしくていきている


かなわなかったとしても


いきている



いきている


いきる


いきる















PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事のトラックバックURL:
カレンダー

05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア

最新トラックバック

プロフィール

HN:
HEAD
年齢:
35
性別:
男性
誕生日:
1982/09/03
職業:
人間
趣味:
物思い物貰い
自己紹介:
開業
改行
会業
回形
怪形
快暁
バーコード

ブログ内検索

最古記事

アクセス解析

カウンター