忍者ブログ
日常のことを思いつくまま綴ってます。
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

友人C

友人Cの噺しをしてみやと思う。

貧乏強請が得意のヤツだった。
ヤツが揺らす地面がまるで
我々の働く職場の頭上を通る
阪神高速を、まるで地震のやうに
揺らしているかのごとく

規則的に





ある時は

不規則にヤツが揺らす物だから

ここち良き時もあれば

不快きわまりなくなり時も候


ふと静寂が訪れるときに

揺れを感じる

しかし

揺らしているだけで

Cの貧乏強請は

ある意味、無害でもあった。


地面をただ揺らしているだけったからである。


奇声を発する訳でもなく

不機嫌な顔をするでもなく

ただCは揺らし続けていた


しかし、上司には疳にさわる事が

多々あったのであろう


人目のつかぬ場所で

なんだかんだと

難癖をつけられ

あらぬ事をあれこれ言われ

イジメられているやうでもあった


しかし、Cは

どんな時も笑顔を絶やさなかった

ニコニコと言うよりは

ニヤニヤか

いや下品に言うと

ニタラニタラしたやうな

そんな笑みを絶やさなかった。


貧乏強請を続けながら


人間はストレスをとことん感じすぎると

崩壊してしまうのだろうか


私は彼のやうに

逃げることも出来ないし

むしろ

執拗なハラスメントを受けたとしたら

激昂し

我を忘れ

当たり散らし

自ら退職願も書いたであろう


それ位

私以外の話し相手もおらず

冷たくあしらわれているやうな人間だった


ある日、事務所の金が

「1万円」計算が合わなかった事があり

普段几帳面に管理をしていた(ように私は思っている)Cに疑いがかけられた


計算の間違いかもしれない。


私も立ち会い、再計算を申し出た。

周りの白い目がCだけでなく

私にも向けられた


Cは例の『いやらしい』笑顔で足を揺すっているだけだ。


と、突然、本当に地震が起きた

我々は伏せ、机という机に、事務局員それぞれが入る。

縦にも横にも揺れ


不快さに私は

人間としての尊厳を失う行為(嘔吐)までしそうになった。

しかし、Cにかけられた疑いが....。

ここでクジケル訳には....

Cはすでにヤッテしまっていた。






















揺れは収まり、事なきは得たものの

混乱の中でCの無実を晴らさなくてはいけない


しかし、事務所の数々のデスクの引き出しから

1円玉が

溢れ出ていた事に気付いた

数えればきりがない

まるで打手の小槌か


しゃらしゃらと

こぼれ落ちている

アルミで出来た貨幣が



皆が注目を集めていた


私は口を噤み、心の中で言った


ちりもつまれば

か。


皆の同意を得て、

集めた1円玉を、私が

両替機にかけると

ぴったり1万円とはいかず、9999円、1円玉足りなかったのであった。


しかし、全員の机からわき出てきた訳であるし、

全員同罪であった訳である。


Cだけの疑いはまぬがれた訳だが

なぜかすっきりしない。

残りの1円はどこへ行ったのだろうか。



私はあらぬ疑いをかけられぬやう

こっそり1円を足し

1万円にしてやった


それを上司にきっちりと報告した。


『誰にも気付かれず、1円をくすんだことがきっかけであるが
たった1円でも、蔓延(まんえん)すると1万円(まんえん)になります』と言う言葉を添えて。

Cをイジメ通していた上司は苦笑いをしていたが、

私は見逃せはしなかった


上司の耳にぴったりと挟まった



1円玉を


<終>
PR
友人B

友人Bについて噺てみやうと思う。

私とは違う部署だが、彼は私と同じ流通業の本社に働き
同年代であったこともあり、大の友人だった

ー鍵がないんだよ

唐突な彼の噺に、私はきょとんとして

着火したばかりのジッポの蓋を閉じ

セブンスターを咥えたままの格好で「ん?」と訪ねた。








鍵がないんだよ。マンションの。

武士に二言はないとは言うが

さすがに二度目でも言うのを苛つかせる事だったのだろう。

私は嫌煙家の彼の手前もあり

少しフィルターの湿った不快なタバコを箱の上にちょこっと置き換えると

彼の噺に聞き入った


『鍵がないんだよ、マンションの。で、無いだけならいいんだ。合い鍵を作ればいい。しかしなぁ、

作って鍵をかけて出かけて行っても、帰ったら開いていたり、間違いなく俺じゃないだれかが

ついさっきまで居たような香りっていうかな...。雰囲気がするんだよ』

彼は無表情に

冷静を保つように言った

『家族か誰かじゃねぇか?じゃなきゃ、管理人とか』

私は思いつくことを適当に言った。

違うんだよ


違う


『家族には合い鍵なんて渡してないし、管理人は廊下の掃除をしに来てるだけみたいな

ババアだよ。マスターキーを持ってたって頻繁に人の家の鍵を開けるわけねえだろ』

憤慨して彼は言う。


確かにその通りなのかもしれない。

彼の家族にしたって

ご健在なのは知っていたが

頻繁に遊びに来るような

近隣に住んでいる訳ではない


妙だ

妙なのかもしれない


鍵をかけても

鍵が開いている

もし、家にいたままなら


犯人がわかるのは当然だが

家にいない間に

犯行は行われている


しかし、何か物が盗まれたわけでもなく

むしろ、たまに


サランラップをかけられた

料理が

中央のテーブルにポツンと

置いてあることだったという

しかも決まって



ねこまんま

だ、そうだ


思い当たる節はないのかと

訪ねる。

しかし、ヤツは口をつぐむだけだ。

それ以来食欲もないと言ふ

確かに窶れているし

飲みニケーションしかないか。


仕方がないので

口を割らせるために

夕食にさそった。


私は

さっぱりしたものならどうだと上手いそばを食った

彼は箸を割らなかった

蕎麦アレルギーだった。


洋食ならどうだ!!と私はエビフライを食った

彼はフォークを進めない

甲骨類アレルギーだった。


若者は肉しかない!私は焼き肉屋で神戸牛を食った

彼はトングを掴まない

そうだ、彼は煙が苦手だった。


なら中華しかない

トロトロのフカヒレを。チュルチュルピチャピチャすすった。

彼はレンゲを口に進めない。

しまった。宗教上の理由で。

違うか。ただ気が進まないようだった。


仕方がないので

彼が帰りたくないと言う

家に送っていくことにした。

ビール3杯、焼酎ロック2杯、バーボン1杯、泡盛2杯を2ラウンドした

私は大満足だった。


問題の家の前に立った

さすがに私も気が引けた

と、言うより

明らかに様子の違うBから察し

まるで金縛りにあったようだった

霊だのなんだのは全く信じない私も

さすがに硬直してしまっていた。



鍵は














バンザーイ

バンザーイ

バンザーイ!!


心霊であろうと

不審者であろうと

ストーカーであろうと

警察であろうと

管理人であろうと


原因は何でもいいが

鍵が開いていると言う事実に

負けた


『おい、鍵開いてるな確かに』

私は確認を彼に促した

『いや、今日は違うんだ』


意味深だ



違う

彼の言う

不可解さとは

違うということか


いっこうに動けないでいるBに代わり

『お邪魔しますよ』

誰に言うでもなく

扉を開けた










血まみれの

まるで鬼の形相をした



とはいかず



裸にエプロンを着けた彼の元彼女(いや、言うなれば北斗の拳のケンシロウ)が居た。

気まずそうであった空間を

縫ったのは彼女だった

『あなたの好きな、ねこまんまを作りに来ただけなの』

笑顔なのか

睨んでいるのか

よくわからない

複雑な表情だった。

眉間にシワを寄せながら

ウインクをしていた

やうに思う

『もう、家に来るなといっただろ!!俺らは結ばれない間柄なんだ』

Bは元彼女?を怒鳴りつけた

『ばってん』

変な鉛で彼女は泣き崩れた。

腹の底から低音で泣いた

Bの家の隣を走る道路が揺れているような

地響きとしか言え無い。


『あんたを苦しめるつもりはなかと、もう好きにしたら...よかと。」


言い終えると同時か

私たちの方へ突進

いや、方向は開け放たれている扉だった

彼女は我々の隣を通過する瞬間

Bの右手は元彼女の左腕を掴んでいた









ブチュゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥx


ポン


便器のつまりをなおす

あの

道具の吸着力のような

接吻


私は異様な光景に

吐き気を押さえられず

トイレに駆け込み

異臭の若干する

便器に向かって

しこたま吐いた

フカヒレ

神戸牛

エビフライ

蕎麦


なにもかもムダになった

『お前への愛が一度も薄れた日は無かった、いかないでくれ愛している』

『あたいも。もう離さない』

更なる接吻

私はもう、吐くものもなく、胃液ですっぱく

涙目になっていた。



なるほど

夫婦喧嘩は犬も食わぬか

しかし、なんで

ケンシロウ(もといBの彼女)は裸にエプロンだったのか

それさえなければ

蕎麦位は

胃におさまっていたかもしれない。

 


『ずっと「そば」に居てくれ』無情なBの声を子守歌に

私は

昇天した。



<終>

友人A

友人Aについて噺をしてみやうと思う

高校の頃の同級生であり、
職場でも同期入社をした彼であるのだ



彼と一年だけ一度も会ったり

電話も

メールもしなかった時期がある


それまで

月に一度は、どちらかの家に遊びに行き

ロックだの最近読んだ本だのアイドルの噺だの

他愛のない事を語り合って時間をつぶすだけの

そんな時間を共有しても悪くない



私は思う人間だった


しかし、たった1年

たったでも無いが

1年だけ彼とまったく接触をしなかった期間がある


容姿端麗

文武両道

健康優良

雪印乳業



彼であった。

つまり、常にパーフェクトで男も惚れる男だが

敵も決していなかったわけではないだろう。

別に電話が無くてもメールが無くても

ただ忙しいだけと、思っていた。








接触の無かった1年が過ぎ

再び会ったときには

激太り、激老け、激ハゲ

していたのである。

なにがあったのか訪ねても

別に....。

と、言うだけである。

だが

一緒に行った温泉どこだったっけなと聞くと

確か別府に...。

と返事をした。

彼に間違いないのだが、

容姿は完全に変わっていたのだ。


それから別人になってしまったAとは

それからも毎日、今までと変わらずの付き合いをしている。

ただ、「カルビー」と言う言葉、いや響きか

に、

敏感になっている様であった。


明らかに「カルビー」の音に動揺しているし

むしろ怯えているかのやうだ。

あまりにも不自然なのでヤツの耳元で









と、囁いてやった。

彼は激高し

台所に行くと

ナイフ

いや、バターを塗るヘラを腰に構え

私を威嚇すると

「その言葉をや・め・ろ~~~~~~~~~~~~~~~~!!!」

私に向かって突進を



してはこなかった。

予想以上に肥えた体に

かつてのような

運動能力は期待できなかったやうである。


すってんころりん

でんぐりがえり

しちてんばっとう

まんぐりがえし

滑稽に転がった。


落ち着いた彼に事情を聞いてみると

「カルビー」の語源について

インターネットで調べてみると

カルシウムとビタミンからきていることを

知った。

カルビーのと言えばポテトチップスなので

カルシウムとビタミンに飢えた彼は

1日3袋を止められなくなってしまったのだそうだ


やめられないとまらない

※これは「かっぱ○びせん」か

欲望に負けた彼はこんな姿になってしまったと言った。

ポテトチップスの有害性は

映画鑑賞のお供、ポップコーン程知られていない。

カロリーはパッケージの裏に書いてあるだろうに...。

彼はポテトチップスに

文字通り、目がなかったようである。


私は彼とポテトチップス断食を共に行った。

彼は見違えるように、日に日に良くなって行った。

カルビーにも過敏に反応しなくなった。

しかし、ある日を境に

私の家の片隅に飾ってある

花を見ると

ことごとく

瓶をなぎ払い

激高するようになった。


今度は

花瓶(かびん)に反応するようになったようだ。

理由は

まだ


聞いていない。


<終>
カレンダー

05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア

最新トラックバック

プロフィール

HN:
HEAD
年齢:
35
性別:
男性
誕生日:
1982/09/03
職業:
人間
趣味:
物思い物貰い
自己紹介:
開業
改行
会業
回形
怪形
快暁
バーコード

ブログ内検索

最古記事

アクセス解析

カウンター