忍者ブログ
日常のことを思いつくまま綴ってます。
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

友人C

友人Cの噺しをしてみやと思う。

貧乏強請が得意のヤツだった。
ヤツが揺らす地面がまるで
我々の働く職場の頭上を通る
阪神高速を、まるで地震のやうに
揺らしているかのごとく

規則的に





ある時は

不規則にヤツが揺らす物だから

ここち良き時もあれば

不快きわまりなくなり時も候


ふと静寂が訪れるときに

揺れを感じる

しかし

揺らしているだけで

Cの貧乏強請は

ある意味、無害でもあった。


地面をただ揺らしているだけったからである。


奇声を発する訳でもなく

不機嫌な顔をするでもなく

ただCは揺らし続けていた


しかし、上司には疳にさわる事が

多々あったのであろう


人目のつかぬ場所で

なんだかんだと

難癖をつけられ

あらぬ事をあれこれ言われ

イジメられているやうでもあった


しかし、Cは

どんな時も笑顔を絶やさなかった

ニコニコと言うよりは

ニヤニヤか

いや下品に言うと

ニタラニタラしたやうな

そんな笑みを絶やさなかった。


貧乏強請を続けながら


人間はストレスをとことん感じすぎると

崩壊してしまうのだろうか


私は彼のやうに

逃げることも出来ないし

むしろ

執拗なハラスメントを受けたとしたら

激昂し

我を忘れ

当たり散らし

自ら退職願も書いたであろう


それ位

私以外の話し相手もおらず

冷たくあしらわれているやうな人間だった


ある日、事務所の金が

「1万円」計算が合わなかった事があり

普段几帳面に管理をしていた(ように私は思っている)Cに疑いがかけられた


計算の間違いかもしれない。


私も立ち会い、再計算を申し出た。

周りの白い目がCだけでなく

私にも向けられた


Cは例の『いやらしい』笑顔で足を揺すっているだけだ。


と、突然、本当に地震が起きた

我々は伏せ、机という机に、事務局員それぞれが入る。

縦にも横にも揺れ


不快さに私は

人間としての尊厳を失う行為(嘔吐)までしそうになった。

しかし、Cにかけられた疑いが....。

ここでクジケル訳には....

Cはすでにヤッテしまっていた。






















揺れは収まり、事なきは得たものの

混乱の中でCの無実を晴らさなくてはいけない


しかし、事務所の数々のデスクの引き出しから

1円玉が

溢れ出ていた事に気付いた

数えればきりがない

まるで打手の小槌か


しゃらしゃらと

こぼれ落ちている

アルミで出来た貨幣が



皆が注目を集めていた


私は口を噤み、心の中で言った


ちりもつまれば

か。


皆の同意を得て、

集めた1円玉を、私が

両替機にかけると

ぴったり1万円とはいかず、9999円、1円玉足りなかったのであった。


しかし、全員の机からわき出てきた訳であるし、

全員同罪であった訳である。


Cだけの疑いはまぬがれた訳だが

なぜかすっきりしない。

残りの1円はどこへ行ったのだろうか。



私はあらぬ疑いをかけられぬやう

こっそり1円を足し

1万円にしてやった


それを上司にきっちりと報告した。


『誰にも気付かれず、1円をくすんだことがきっかけであるが
たった1円でも、蔓延(まんえん)すると1万円(まんえん)になります』と言う言葉を添えて。

Cをイジメ通していた上司は苦笑いをしていたが、

私は見逃せはしなかった


上司の耳にぴったりと挟まった



1円玉を


<終>
PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事のトラックバックURL:
カレンダー

08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア

最新トラックバック

プロフィール

HN:
HEAD
年齢:
36
性別:
男性
誕生日:
1982/09/03
職業:
人間
趣味:
物思い物貰い
自己紹介:
開業
改行
会業
回形
怪形
快暁
バーコード

ブログ内検索

最古記事

アクセス解析

カウンター