忍者ブログ
日常のことを思いつくまま綴ってます。
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

あの日私は◎◎だった

皆さんの中にも、私のように同じようなことを考えたり行動をされているかたもいらっしゃるかもしれませんが

その昔(とくに幼少期~中学くらいまで)、興味を持っていたり、宝物にしていたり、手の届かなかったものなどを、「大人になって再び触れる」ことに最近はまっています。

私の例を挙げるなら
「玩具を買って遊ぶ」とか、「懐かしいと感じるCDを買い揃える」とか、「体力づくりのために筋トレやプロテインに凝る」とか、枚挙にいとまないのです。

具体的に言うと、ガンダムとか、殺害塩化ビニールとか云々DEATH。

人は「夢を見る」時代を超えて、現実の中で「夢を叶える」方法を「大人になること」で導き出して実現していく。のかなぁと最近考えたりします。


夢を叶えるためには努力や我慢をはじめとする「壁」があることも大人になるにつれ学んでいくものです。

お金で解決できることもあれば、叶えられない夢もあるでしょう。



あの日、僕は少年だった。

そして君も少年や少女だった。

あの日の夢を、「叶えられるもの」なら一つでも多く叶えていこうじゃないか。


「えっと、僕は何を夢見ていたんだろう」
僕は今日も自問自答してます。

「挫折しても潔く諦めない」
懲りない少年の心でいたい。
いつか爺さんになっても。
PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア

最新トラックバック

プロフィール

HN:
HEAD
年齢:
35
性別:
男性
誕生日:
1982/09/03
職業:
人間
趣味:
物思い物貰い
自己紹介:
開業
改行
会業
回形
怪形
快暁
バーコード

ブログ内検索

最古記事

アクセス解析

カウンター